施設警備員 楽ではない理由

施設警備員が楽ではない理由

施設警備員が楽ではない理由についての記事一覧になります。

施設警備員 楽ではない理由記事一覧

施設警備員の仕事が楽ではない理由の1つに、同僚の警備員との人間関係が面倒というのが挙げられます。警備員というと一般的には、穏やかで温厚な人が多いと思われがちですが、実際には、少なからず変わった人間がいて、人間関係に苦労する場合が多いです。もちろん、人格的に素晴らしい方もいるし、現場が1人勤務の場合もあるでしょう。しかし普通は何名かの警備隊として勤務するので、いわゆる変人に悩まされ可能性が高いです。...

施設警備員の仕事が楽ではない理由の1つに、低賃金・重労働の職場が多いというのが挙げられます。もちろん施設警備の現場でも、低賃金ではあるが仕事自体は楽だという場合もあるでしょう。しかし、楽な現場にあたる場合のほうが稀です。なぜならば、楽な現場というのは、警備員がめったに入れ替わりません。頻繁に求人募集しているところは、かなり仕事がキツイか問題のある現場だと思ってよいでしょう。そもそも施設警備の現場と...

施設警備員の仕事が楽ではない理由の1つに、勤務時間が長いというのが挙げられます。施設警備員の求人情報を見ているとわかりますが、ほとんどの場合24時間勤務が基本になります。24時間の当務勤務と日勤とか、当務勤務と夜勤とかのパターンが多く、勤務パターンが日勤だけとか、夜勤だけとかという現場の方が稀になります。実際に体験してみるとわかるのですが、24時間勤務というのはとても長く感じられます。初めて24時...

施設警備員の仕事が楽ではない理由の1つに、世間から見下されるというのが挙げられます。それが良いとか悪いとかの話ではなく、警備員というだけで見下す人が多いというのは事実です。なぜ、警備員は見下されるのか?低収入だから、3Kの仕事だから、単純肉体労働だからなどなど、いろいろと考えられます。個人的には、「特に努力しなくても、誰にでもできる仕事」だと思われている仕事、警備員だけではなく、清掃員や現場作業員...

施設警備員の仕事が楽ではない理由の1つに、睡眠不足になるというのが挙げられます。施設警備員の勤務時間は、24時間勤務の当務や夜勤の場合が多いです。24時間勤務の場合の仮眠時間は、基本的には4時間程度になるでしょう。寝る前や起きる前に、ある程度の準備時間がかかる事を考えると、実質的には3時間半くらいになるでしょうか。施設警備員が仮眠する仮眠室や寝具などは、基本的に劣悪な状態である場合が多いです。年季...

施設警備員の仕事が楽ではない理由の1つに、腰を悪くする人が多いというのが挙げられます。警備業界では腰を悪くして仕事ができなくなり、退職せざるをえなくなったという話を、しばしば耳にします。施設警備員の仕事をしていて腰痛になる原因として、まず考えられるのが、立ちっぱなしや座りっぱなしなどの、同じ姿勢でいる業務が多いというのが挙げられます。例えば立哨業務は、長時間ずっと同じ姿勢で立ちっぱなし。そして座哨...