施設警備員 求人 面接のコツ

駄目でもともとの気持ちでどんどん行動

施設警備業界への就職活動での面接のコツとしては、駄目でもともとくらいの気持ちで、どんどん行動していくという事が挙げられると思います。

 

働きながらの転職活動などでは、心に余裕があるので積極的に行動できますが、無職の状態で精神的に追い詰められた状態にあると、どうしてもマイナスな事を想像しがちになります。

 

年齢的に厳しいのではないか、資格を持っていなければ無理なのではないか、などの不安な事ばかり頭に浮かび、なかなか動き出せないかもしれません。

 

しかしながら、心の不安を解消する最良の方法は、行動する事です。

 

あまり深く考えこまないで、軽い気持ちで行動を起こしてみると、現実は想像していたより簡単だったという事が多いです。

 

実際に施設警備員の就職面接に何度も行った経験がありますが、行く前はいろいろと不安な気持ちでいっぱいになりますが、面接に行ってみると大した事はないという場合ばほとんどです。

 

また人手不足の施設警備業界では、よくある事ですが、面接に行ってみると他の現場などを紹介される場合などもあります。

 

とりあえず行動してみると、思いもよらないラッキーな事が起こったりしてしまうのが現実なのです。

体力と協調性

施設警備員の採用面接では、なかなか不採用になる可能性は低いですが、施設警備員の採用面接官は、どの部分をチェックしているか理解しておくことは重要です。

 

まず、1つ目のチェックポイントとして警備員として仕事をしていけるだけの体力があるかどうかという点が挙げられます。

 

24時間勤務の現場の場合、やはり体力ないと思考のほうも鈍ってしまい、正確な判断ができなくなります。

 

から元気でもよいので、面接時の受け答えは、ハキハキと元気良く声を出すようにしたいところです。

 

仮に体力面で不安があったとしても、勤務をしていれば体力はついてきますので、わざわざ口に出す必要はないでしょう。

 

2つ目のチェックポイントとして良く聞かれるのが、協調性があるかという事です。

 

同僚の警備員達とうまくやっていけるかという問いですが、大丈夫ですと答えておきましょう。

 

実際には、現場のシフトに入って働いてみないと、うまくやっていけるかどうかはわかりません。

 

なので、前向きに協調性を持って仕事に取り組むという心構えが示せれば、大丈夫だと思います。

 

以上のように、施設警備員の採用面接に合格するコツとしては、体力面と周囲の人間と仲良く仕事ができるという事をアピールする事が重要です。

スポンサーリンク


関連ページ

基本は24時間勤務
施設警備員の基本は24時間勤務、拘束時間、労働基準法、疲労感の蓄積についての記事です。
避けるべき職場
施設警備員が避けるべき職場、病院、商業施設、駐車場についての記事です。
狙い目の職場
施設警備員の狙い目の職場、マンション、オフィスビル、市役所、図書館についての記事です。
志望動機
施設警備員の志望動機、履歴書、短期アルバイト、常識はずれについての記事です。
できる限りの情報収集をする
施設警備員はできる限りの情報収集をする、求職活動、転職活動、職場見学についての記事です。