施設警備員 資格 三種の神器

施設警備員の資格 三種の神器

施設警備員には、取得しておいたほうがよい、三種の神器といわれる資格があります。

 

三種の神器とは、自衛消防技術試験、防災センター要員講習、上級救命講習の3つです。

 

三種の神器というネーミングは、ちょっと大げさですが、施設警備業界で働いていこうと思っている方は、早めに取得するのが得策です。

 

これらの3つの資格を取得すれば、警備会社によっては、資格手当を支給してくれる場合があったり、3つの資格をすべて取得している人は少ないので、施設警備業界での就職・転職時に有利です。

 

警備会社の採用担当者にしても、これらの資格保持者は、お客様への満足度を高められるので、三種の神器を取得しておけば、施設警備業界での職探しに困る事はなくなります。

 

施設警備員の求人には、自衛消防技術試験、防災センター要員講習、上級救命講習などの警備に関する資格をお持ちの方優遇、という記載も多いので、施設警備員の三種の神器は実用的な資格と言えるでしょう。

資格取得に積極的な警備会社を選ぶ

施設警備員には、三種の神器の他にも、施設警備業務検定1級・2級、警備員指導教育責任者など、取得すべき有益な資格が多くあります。

 

施設警備業務検定や警備員指導教育責任者などは、受講要件なども厳しいので、まずは施設警備員の資格の基本である、三種の神器の取得を目指すというのが賢明だと思います。

 

資格取得に積極的な警備会社では、資格取得費用を全額会社が負担してくれたりする場合もあります。

 

資格取得費用を全額負担してくれる上に、合格すれば資格手当まで支給されたりするので、是非チャレンジしたいところです。

 

自社の警備員に、積極的に資格取得させる警備会社がある一方で、警備員の資質の向上に役立つ資格取得に、消極的な警備会社もあります。

 

当然ながら資格取得に積極的な警備会社の方が、優秀で向上心のある先輩と巡り合える可能性は高いので、施設警備業界に就職・転職しようと考えられている方は、資格取得に熱心な警備会社を優先的に選んでほしいです。

スポンサーリンク


関連ページ

資格取得は自分の為
施設警備員の資格取得は自分の為、資質向上、ステップアップ、配置基準についての記事です。
資格と実務と実益と
施設警備員の資格と実務と実益と、環境は大事、ビジネス感覚、コミュニケーション能力についての記事です。
自衛消防技術試験
施設警備員の自衛消防技術試験、筆記試験、実技試験、合格率、受験費用についての記事です。
防災センター要員講習/自衛消防業務新規講習
施設警備員の防災センター要員講習/自衛消防業務新規講習、廃止、東京都、自衛消防業務再講習についての記事です。
上級救命講習
施設警備員の上級救命講習、応急処置、心肺蘇生法、自動体外式除細動器(AED)についての記事です。