施設警備員 給料 環境の大事さ

安かろう悪かろう

施設警備員として働くとしても、どのような職場で仕事をするかというのは、かなり重要な要素です。

 

人間は環境に引っ張られてしまうので、できるだけ学ぶべき事が多い職場で働きたいものです。

 

「安かろう悪かろう」という、ことわざがあります。

 

値段が安いものは、それだけ質も悪いという意味です。

 

もちろん施設警備という業界でも、安い賃金の職場で立派な人格の方が働いている場合もあります。

 

しかしながら、そういった事例は稀であり、残念ながら低賃金の職場で働いている警備員の質は落ちます。

 

警備業界でも本人の努力や頑張り次第では、ステップアップしていく事もできますし、現場の警備員としても高い給料を得ている方は、実はかなり多いのです。

 

そしてそのような、志の高い警備員さんと出会える確率が高いのは、やはり低賃金・低待遇の警備会社ではなく、平均以上のしっかりとした待遇を得られる警備会社で働く必要があります。

向上心を持つ人達と働く

どのような環境に身を置くのかによって、施設警備員としての資質には、どんどん差が開いていってしまいます。

 

一緒に働いている同僚の警備員さんが、資格取得についてまったく興味がなければ、普段の会話でもそういった内容にならないでしょう。

 

また一緒に働いている同僚の警備員さんが、何の目的も持たずに、ただ漠然と毎日を過ごしている人ばかりだったら、自分もその怠惰に染まってしまうかもしれません。

 

人間はすぐに怠けてしまうという悪い癖があります。

 

できるだけ、向上心を持った人達に囲まれて仕事をしたいものです。

 

例えば、1兵卒1警備員として、平均以上に稼いでいる方を目のあたりにすれば、自分も努力次第で稼げるという自信が持てたり、どのように行動すればよいかアドバイスしてくれるかもしれません。

 

日々の努力を怠らず、コツコツと資格取得している方の背中を見れば、自分もチャレンジしてみようという前向きな発想になるものです。

 

施設警備員の仕事に就くにしても余裕がある場合は、できるだけ好待遇の職場を見つけましょう。

 

しかし実際に働いてみて、あまり自分にとって学ぶべき事がなさそうだと感じた場合は、新たな職場を探すのも良い選択だと思います。

スポンサーリンク


関連ページ

警備員の給料・年収
施設警備員の警備員の給料・年収、昇給、ボーナス、退職金についての記事です。
給料が安い仕事≠楽な仕事
施設警備員の給料が安い仕事≠楽な仕事、割に合わない、つてやコネ、労働強度についての記事です。
給料とモチベーション
施設警備員の給料とモチベーション、手取り20万円、副業、ダブルワーク、年金についての記事です。
長時間働く
施設警備員の長時間働く、人並み、収入アップ、法定労働時間、鉄人についての記事です。
資格所得でステップアップ
施設警備員の資格取得でステップアップ、ビジネス感覚、交渉力、行動力についての記事です。