施設警備員 給料 警備員の給料・年収

給料・年収は低い

基本的には、「施設警備員の給料・年収は低い」と思っておいたほうが無難です。

 

人並みに働いて人並みの給料が貰えるのは、1部の大手警備会社だけという現状です。

 

大多数の警備会社は、現場の1兵卒の1警備員に、まともな賃金は支払えません。

 

昇給はなし、ボーナスなし、退職金などもなし、単純に時給○○円の世界です。

 

現場の1兵卒でいる限り、何年勤続しても給料や年収は変わりません。

 

10年勤続のベテラン警備員も入社したばかりの新人警備員も、同じような給料で働いています。

 

そんな施設警備業界で給料・年収をアップしたいとすると、2通りの方法が考えられます。

 

1つは単純に長時間働くという方法、1つは警備関係の資格を積極的に取得してステップアップしていく方法です。

 

施設警備員などの時給ベースの単純肉体労働においては、賃金の多寡は勤務時間によって決まります。

 

勤務時間×時給○○円で給料が決まるので、稼ぎたい場合は長時間働くという選択をしなければなりません。

給料・年収をアップさせる方法

時給ベースの単純肉体労働の仕事というのは、いくら効率的に一生懸命仕事をこなしても給料はあがりません。

 

どんなに仕事ぶりが素晴らしくても、人並みの勤務時間しか働けなければ給料は低いです。

 

一方で、仕事ぶりはダラダラと不真面目な勤務態度であっても、勤務時間が多ければ、貰える給料は高くなるという矛盾を抱えています。

 

もちろん世の中には、給料の多寡がすべてではないという高い志をお持ちの方も多いです。

 

しかしながら、現場の1兵卒の1警備員で稼ぐ為には、長時間労働は避ける事はできません。

 

施設警備業界で給料・年収アップする為の、もう一つの方法である警備関係の資格を積極的に取得してステップアップしていく方法ですが、こちらも実現していく為には、かなりの努力が必要となってきます。

 

資格を取得する為には、コツコツと地道な努力を積み重ねる必要がありますし、資格を取得してからもそれを実益に繋げる為には、コミュニケーション能力や交渉力なども重要になっていきます。

 

人並み以上に長時間働くという選択も、資格でステップアップを目指すという選択も、相当な努力と覚悟が必要になってきますが、その為に目標をクリアして向上していくというのは、実はやりがいのある事なのかもしれません。

スポンサーリンク


関連ページ

給料が安い仕事≠楽な仕事
施設警備員の給料が安い仕事≠楽な仕事、割に合わない、つてやコネ、労働強度についての記事です。
給料とモチベーション
施設警備員の給料とモチベーション、手取り20万円、副業、ダブルワーク、年金についての記事です。
環境の大事さ
施設警備員の環境の大事さ、低待遇、資質、怠惰、向上心についての記事です。
長時間働く
施設警備員の長時間働く、人並み、収入アップ、法定労働時間、鉄人についての記事です。
資格所得でステップアップ
施設警備員の資格取得でステップアップ、ビジネス感覚、交渉力、行動力についての記事です。