施設警備員 給料

施設警備員の給料について

施設警備員の給料についての記事一覧になります。

施設警備員 給料記事一覧

基本的には、「施設警備員の給料・年収は低い」と思っておいたほうが無難です。人並みに働いて人並みの給料が貰えるのは、1部の大手警備会社だけという現状です。大多数の警備会社は、現場の1兵卒の1警備員に、まともな賃金は支払えません。昇給はなし、ボーナスなし、退職金などもなし、単純に時給○○円の世界です。現場の1兵卒でいる限り、何年勤続しても給料や年収は変わりません。10年勤続のベテラン警備員も入社したば...

世の中には様々な種類の仕事がありますが、給料が安い仕事だからといって、必ずしもその仕事が楽だとは限りません。実際にはむしろ、給料が安い仕事=キツイ仕事という場合の方が多いかもしれません。世の中には、あちらこちらに「割に合わない仕事」が蔓延しています。施設警備員は基本的に給料が安いので、業務内容がキツイ現場にまわされると、これでは割に合わないなという思いが強くなりがちです。施設警備の現場で、ただ1日...

「世の中はお金がすべてではない」とよく言われますが、低賃金で働くというのは、なかなかツライものがあります。1ヶ月必死で働いたのに、給料明細を見ると手取り20万円に届いてなかったりすると、ガクンとモチベーションが下がります。副業やダブルワークや年金などで、他に収入の当てがあればよいのですが、施設警備員としてだけの収入しかないと、モチベーションを維持するのは困難を極めます。若い世代というのは、ある程度...

施設警備員として働くとしても、どのような職場で仕事をするかというのは、かなり重要な要素です。人間は環境に引っ張られてしまうので、できるだけ学ぶべき事が多い職場で働きたいものです。「安かろう悪かろう」という、ことわざがあります。値段が安いものは、それだけ質も悪いという意味です。もちろん施設警備という業界でも、安い賃金の職場で立派な人格の方が働いている場合もあります。しかしながら、そういった事例は稀で...

給料が安いというイメージの施設警備業界ですが、実際には人並み以上の給料を貰っている方が数多くいます。警備現場の1兵卒の1警備員として、収入をアップする為には、人並み以上の長時間勤務をするという方法しかありません。残念ながら、いくら一生懸命頑張って、完璧な警備業務を行っても、法定労働時間程度の勤務時間では、人並み以下の給料になってしまいます。現場の警備員として収入をアップさせる為には、人並み以上の勤...

施設警備業界で収入をアップする方法に、警備関係の資格を地道に取得して、ステップアップしていくという方法があります。人並み以上の長時間労働をして給料アップする方法が、体を使って収入アップする方法とすると、警備関係の資格を取得し、それを利用する方法は、頭を使って収入アップする方法といえるでしょう。施設警備関係の重要資格としては、まずは三種の神器と呼ばれる基本資格、自衛消防技術試験、防災センター要員講習...