施設警備員 仕事内容 鍵の管理

鍵の管理とは

施設警備員の業務でかなり重要なものに、鍵の管理があります。

 

お客様からその施設に関係する鍵を預かり管理するというものです。

 

多くの場合が警備室のキーボックス内にて、鍵を管理します。

 

かなり大量の本数を管理しなければならない現場もあります。

 

鍵の管理は、まずお客様への貸し出しと返却保管があります。

 

具体的には、朝の出勤時に貸出して、退勤時に返却してもらうという事です。

 

貸出・返却時には、鍵管理台帳に所属や氏名、時間などを記帳してもらうのですが、朝の出勤時などの混雑する時間帯などには、記帳を警備員が代筆する現場などもあります。

 

出入管理における顔パスも同じような事なのですが、記帳の代筆をするのも、サービスと安全性のどちらを優先するべきか、議論が分かれるところであります。

鍵の紛失は一大事

出入管理時に顔パスしてしまうのも、鍵帳簿を代筆してしまうのも、安全よりもお客様の利便性を優先するという発想のもとで行われます。

 

個人的には対象施設の安心・安全には、お客様からの協力が不可欠だと思っているので、出入管理時に顔パスや鍵帳簿の代筆は、あまりよろしくないと思っています。

 

警備員による鍵帳簿の代筆は、万が一鍵の所在が不明になったりした時に、警備員サイドは、かなりやっかいな状況に陥ってしまいます。

 

また施設警備員が鍵を使用した後に、そのまま鍵を紛失してしまったりするのも一大事です。

 

特にそのフロアの鍵を全部開けられるマスターキーを紛失してしまったりすると大変です。

 

そのフロアの鍵を全て取り替えなければならず、かなりの費用と労力がかかってしまいます。

 

その為、施設警備員は鍵の取り扱いには、十分すぎるほどの注意が必要になります。

スポンサーリンク


関連ページ

立哨
施設警備員の立哨、場所、姿勢、時間についての記事です。
巡回
施設警備員の巡回、方法、夜間、基本についての記事です。
出入管理
施設警備員の出入管理、業務、要領、徹底、顔パスについての記事です。
モニター監視
施設警備員のモニター監視、防犯カメラ、監視カメラ、夜勤についての記事です。
緊急事態対応
施設警備員の緊急事態対応、火災対応、急病人対応、不審者対応についての記事です。