施設警備員

現役施設警備員による体験談

このサイトは、施設警備員として様々な現場で勤務した経験がある現役警備員が、これから施設警備員業界で働いてみようかと考えている方の為に、警備業界の実情を少しでも知って欲しいという目的で作りました。

 

当サイトを作った本人は、施設警備員という仕事を、「中高年でもできる楽そうな仕事だから」という理由で、施設警備業界に飛び込み、想像と現実のギャップに悩みながら、いろいろな現場で施設警備員として働いてきました。

 

施設警備員の基本的な仕事内容をはじめ、給料は高いのか安いのか、仕事は楽なのかきついのかを、実際の体験談を交えてまとめてあります。

 

さらに施設警備員がステップアップしていく為に必要な資格や方法についてや、数ある施設警備員の求人の中から、どれに応募すべきなのかなどについても言及しています。

 

中高年で求職活動をせざるを得なくなり、ハローワークで就職相談してもらったら、警備員と清掃員しか紹介できないなんて言われたなどという話を聞いたりすると、警備員と清掃員というのは、将来に希望の持てない仕事のように感じます。

 

しかし実際に警備業界でいろいろな警備員さんと仕事をしてきた経験からすると、施設警備員という仕事に就いていても、本人の努力と行動力しだいでは、一般のサラリーマンよりも高収入を得ている方は、実はいっぱいいるというのが本当のところです。

施設警備員はやりがいのある仕事

世の中にはいろんな種類の仕事があり、それぞれ待遇も違いますが、どんな仕事であっても、その仕事について情熱をもって努力を重ねて、頭を使ってステップアップする方法を考えて行動すれば、高収入を得ることは可能なのです。

 

警備会社が採用する施設警備員のターゲットを、基本的には中高年に合わせているので、警備員として働いている方は年配の場合が多いので、人間関係は複雑になりがちです。

 

また警備業界というのは、人気が無いので、万年人手不足の状況で、過酷な勤務スケジュールをこなさなければならない時もあるでしょう。

 

そのように考えると施設警備員という仕事は、楽な仕事ではないかもしれません。

 

しかしながら、そのような環境で一所懸命頑張れる人は少ないので、やりがいを感じて仕事に取り組めば、手強いライバルは少ない業界なのかもしれません。

 

いずれにしても、当サイトが施設警備員という仕事をやってみようかなと思っている方にとって、少しでも役に立つことができれば幸いです。

更新履歴